プロフィール

テラママ

Author:テラママ
神戸市在住
犬と一緒に遊ぶことが大好きな関西のおばちゃんです
(*`・ω・´)ノヨロシクッ☆彡

いくつになったの
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アール エコーの結果

前回の血液検査でALPの数値が高い(胆のう炎の疑い)という結果だったので
エコーを撮ってもらいに病院に行ってきました。

アールは診察台の上でまな板の鯉状態
麻酔もしてないのに完璧に固まってました^^

まず胆のうと肝臓から・・・
歳をとれば人間も胆のうに胆石(胆汁成分が変質して結晶化したもの)や、胆泥(胆汁成分が変質して泥状になったもの)がたまりやすくなるのですが、犬もいっしょです。
アールの胆のうもやはり胆泥がたまってました。
これが胆管でつまってしまうと肝臓にも影響がでて来るらしいのですが、今のところ肝臓は全く異常無し。
定期的な検査で様子を見ることになりました。

副腎と腎臓・・・
腎臓は問題なし。
ただ隣にある左の副腎が7mm~8mmもありました。(正常は中型犬~大型犬なら6mm以下)
副腎が肥大していると副腎皮質機能亢進症の疑いが考えられます。
この病気はホルモンが過剰に分泌されて起こる病気です。
原因は、脳内にできた腫瘍、脳下垂体の異常、副腎皮質の異常、副腎皮質ホルモン剤の過剰投与、その他が考えられています。
症状は、食欲増進と、飲水量、尿量の増加ということですが、これら全てにアールはあてはまります。
今後の方針としてACTH刺激試験(ACTHは副腎皮質刺激ホルモンのことで、脳の下垂体から分泌されるホルモンです)を勧められました。
それから、1日に飲む水の量も測定してくださいということでした。

心臓・・・
全く異常なし。
歳を取ると心臓の肥大や血液が逆流していることが多いらしいけれど
アールの心臓はいたって元気に動いてました。

膀胱・・・
全く異常無し。

エコーを撮ることで心配なところも出てきたけれど、とりあえず今の状態を把握できたのでよかったね。
あとは原因究明して薬でよくなるのであれば治療していきましょう。

アール!!おつかれさん♪

P1000686_800.jpg



にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブリタニースパニエルへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

No title

検査って本当に嫌ですよね。調べて気にし出すと切りがない(;;)
アールは年も年だし、その日、その時ご機嫌ならそれで良いのでは!?
なんて思います。これからもえの笑顔で、楽しく過ごせますように!!
我が家のお嬢もMRIを勧められていますが、判った所で何も出来ない
事が多いので結局はお金の無駄遣いかと(爆)いや、私ではなく
主治医の言葉です(^^;

JOJO父さまへ

本当に検査して悪いところが見つかったらほっとくわけにいかないし
エコーもどうしようかなって思ったんですが・・・
最近、てんかんの発作も1ヶ月に1回のペースなんですが発作が起これば結構ひどいので
色々と心配はしていたんです。
エコーなら麻酔かけるわけではないしとりあえず定期健診のつもりで検査してもらいました。
以前後ろ足と腰が麻痺した時MRIを勧められましたが、これはお断りしました。
確かに判ったところで何もできないですし、何もするつもりもありませんしね。

まあエコーの結果、心臓はいたってしっかりしていたのでもう少し頑張ってくれそうですよ(爆)

No title

ご無沙汰しております。
ア-ル君頑張ってますね♫
老犬になってくると色々出てきますよね。人間もですが(汗)

検査、、、、がこれまた悩ましい。。。。
どこまで検査するか、どこまで治療するか、、、、、
若い時と比べて色んなリスクも伴いますし、、、、
我が家は2桁になったあたりからは、検査は余程でない限りしなくなりました。
当犬に聞いて答えてくれたらですけどね(苦笑)

でも、ア-ル君未だまだ頑張れそうですから、良かった♫

あんじんママさまへ

こちらこそご無沙汰しています。
あんじんさんもサラムちゃんを亡くされて大変でしたね。
我が家では老犬になって手術や麻酔を必要とする検査はしないという方針です。
ただ、アールは春頃からてんかんの発作を起こすようになって発作を起こしている時の
アールの様子は忍びない・・・
少しでも発作を起こさないようにという意味で検査を受ける事にしました。
残念なことに、検査をするとやはりいろいろ出てきます。
昨日は以前の血液検査の結果が判って、甲状腺機能低下症という判断が下されました。
この病気は元気がなくなる、体重が増える(肥満傾向)、毛が抜けるなどの様々な症状が出るので
できれば薬を飲むことで元気になるなら、薬を飲むこともOKかなと思っています。

アールにはもう少し頑張ってもらうことにします^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。